Dog cafe102's Diary

暮らしの中のイロイロ

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛み復活

2007-02-10-Sat-23:40
私が付き合っている病気は『掌蹠膿疱症性骨関節炎』

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は手掌と足底を中心に一見膿を思わせるような皮膚の発疹が多数繰り返し出現する皮膚病です。
更に胸、背中、腰に激痛や腫脹を伴い、鎖骨、胸骨、肋骨、脊椎、骨盤に骨の肥大、硬化性変化、破壊が見られ掌蹠膿疱症性骨関節炎を併発します。
体内で作られるビオチン(水溶性のビタミン)が欠乏する事によって
免疫機能に異常をきたし、本来身体を守ってくれるはずの抗体が作り続けられ
自分を攻撃してしまうようになります。
その抗体の沈着が手足だと掌蹠膿疱症、骨の方だと掌蹠膿疱症性骨関節炎と呼ばれます。




しばらく何ともなかったのに、少し前から痛みが復活してます。
左の鎖骨部分に加え、右足の後ろ側の付け根辺りも痛む様に。
2004年に秋田に受診した時に撮ったレントゲンで
骨盤の下側に見られた部分ではないかと自分では思ってます。
痛み止めの薬を飲めば落ち着くけれど、エンドレスな痛みに気が滅入ります。
少しずつでも快方に向かってるなら良いけれど・・・・。





こういう病気の研究はなかなか進まないようですね。
言い方は極端だけど、死に直結しない病気とくくられているのでしょうか?
確かにすぐに死んでしまう病気ではないけれど、
ダラダラと痛みが続く病気も本当に辛いものです。

特効薬も出来たらそれはそれで嬉しいけれど、
1日も早く原因を究明してこの病気になる人が減る事も望みます。



『大臣、私は不良品ですか・・・・?』

私は骨盤に異常が出ていますが、
この病気は不妊の原因にもなるとDr.に言われました。
(婦人科のDr.は???な顔してました。
医者の世界って横の連携しないみたいですね。
自分の専門外の病気と思われる事に関しては無関心)

*抗体の過剰→赤ちゃんも攻撃→妊娠しても流産しやすい
*骨盤に異常(痛み)が出ている→子宮にいる赤ちゃんを守れない

だから病気をしっかり完治させてから子供を考えないと・・・。

そんな事を言われましたがね。
自分の経過をみると無理っぽいですよ。


なんか寂しくなりました。

(あ~、また愚痴だ・・・)
スポンサーサイト

COMMENT



2007-03-20-Tue-18:59
ご無沙汰ですm(__)m
娘も8ヶ月になり、高速寝返りで好きな場所に移動してはイタズラ。
困ったもんです (>_<)
離乳食も2回になり、ミルクもガンガン飲んでめちゃ健康です!

子供の件は私も悩みました。
その為にも早く治して…と思っていたら妊娠。
骨盤や鎖骨、他の骨には異常が見られない状態での妊娠でしたが、
いつ痛みが出るか分からずに恐怖感との戦いでした。
今は無事に健康な娘が産まれてくれた事に感謝です。

2007-03-23-Fri-23:00
こちらこそ、ご無沙汰しています。
娘さんがスクスクと成長しているようですね。
健康が一番だと、つくづく思います。
mariさん御自身も健康でいられるよう願っています。
ブログしばらくお休みされるんですね。
復活の日を楽しみにしています。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。