Dog cafe102's Diary

暮らしの中のイロイロ

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vol.1 パクパクカレー

2003-04-24-Thu-10:54
過去にメインサイトで記事にしたものをブログ内に移転しました。(12/Nov/2006)



簡単に作れて結構イケるCafe portview 102のmenuを少しずつご紹介していきたいと思います。
第一回目は『パクパクカレー』

お勧めポイントは?
*材料がみじん切りなので、火の通りが早い!
 (ササッと作れるのにうまい♪)
*ご飯にルーと具がまんべんなくからむ
 (高いお肉にしなくても、安いひき肉で経済的!)

**でも後を引くんですよこのカレー・・食べ過ぎに注意です** (^^ゞ

DSCF00941.jpg
<材料>(4~5皿分)
◎ひき肉 300g ◎玉ねぎ ◎人参 ◎カレールー ◎水
*お肉の量はお好みで調整して下さい。
*本日は H社Jカレー 使用

DSCF00971.jpg
<玉ねぎと人参をみじん切りに>

DSCF00951.jpg
厨房の星 松下クン↑ カットの天才?

DSCF00981.jpg
<肉を炒めます>*テフロン鍋なら炒め油無しでOK

DSCF00991.jpg
<肉に火が通ったら野菜を加えます>
*ポイント*
おイモ系はみじんに切ってしまうと、お鍋の中で溶けてしまうのでこのカレーの具には向いていません。

DSCF01001.jpg
<野菜に油が回ったら、規定量の水を加え煮立たせます。
一番硬い人参が柔らかくなったらルーを加えます。>
*ポイント*
*アクをしっかり取っておくと食後に嫌な胸焼けがありませんよ♪
↑(画像の真ん中に浮いている薄黄色い泡の部分です)

DSCF01011.jpg
<ルーが溶けたらもうOKです。余裕があれば少し煮込んでね♪>


*この待ち時間の間にササッともう1品!
今回は冷蔵庫にあったキュウリを薄切りにして、常備缶のツナ缶で”ツナサラダ”

DSCF01031.jpg
<お皿に盛り付ければ完成!福神漬けも添えてみました>


<<バリエーション>>
*すりおろしニンニクを加えたスタミナカレー
*さっとゆがいたほうれん草などを仕上げに加えたポパイカレー
*1cm幅にカットしたナスを素揚げしておき、仕上げに加えてナスカレー


今日もいっぱい食べました
スポンサーサイト

コーヒーの話 -vol.1-

2003-04-23-Wed-10:10
<コーヒーはお薬?>
コーヒーの種子は様々な構造からなっていて、その成分は1000種ほどもあるそうです。
近年、コーヒーが健康に良いとされて研究が進むにつれその薬効も報告されるようになってきました。
1000年以上も昔、人類がコーヒーを飲み始めた頃は「薬」として存在していたと言われています。
”おいしいお薬”なら大歓迎ですよね!

<二日酔いにコーヒー>
 コーヒーに含まれるカフェインには
二日酔いの頭痛の原因物質”アセトアルデヒド”を体外に追い出す働きがあります。
 飲み過ぎてズキズキ痛んだら1杯のコーヒーで脳の血液の循環を良くしてやりましょう。 


<オリジナルレシピで飲みたい!>
今、飲んでいるコーヒーに満足していますか?
味の好みは人それぞれですよね?市販のものも確かにおいしいけれど、100%満足ではない気がする・・・・。 

好みの豆・焙煎温度・焙煎時間・お手持ちの器具にあった挽き加減までも
カスタマイズ可能なコーヒーショップを地元横浜に見付けたので今回ご紹介します。

DSCFhmcof1.jpg
*フレッシュビーンズ 本牧珈琲*

〒 231-0825
神奈川県横浜市中区本牧間門25-11
プロミネンス本牧102
水曜日定休
TEL/FAX 045-621-6902
※番号はくれぐれもお間違いなく!


 店内に一歩足を踏み入れるとコ-ヒーの良い香りがたちこめて、
「森林浴」ならぬ「コーヒー浴」(?)といった感じで全身でコーヒーを満喫できます。
 常時20種以上有るストックの豆の中からお気に入りをチョイスして、オーナーの佐々木さんに御相談。
豊富な知識と経験から好みの味に近くなるよう焙煎時間などをアドバイスしてもらえます。
お使いの器具にあったグラインドを指定して・・・・後は待つのみ。
☆待っている間のお楽しみ”コーヒーサービス”もあるので待っているのも楽しいんです。


「お待たせしましたぁ~!」

DSCF00081.jpg

元気な声に呼ばれて行くと”My Coffee”が完成していました。
今回は3種類です。
ハイチ
(高地で生産された豆で、豊かな香味とコクを持つ)
ハワイコナ EXファンシー
(高地産の大粒のものだけを厳選、特有の貴重な風味と香り)
本牧珈琲ブレンド
(コロンビアとハイチのブレンドで甘みと香りのバランスが最高)

DSCF00121.jpg

上のようなオリジナルレシピのラベルを貼って頂けるので、次に行くときは袋を持参すれば同じものもすぐオーダー可能です。
モチロン袋のレシピがあれば、微調整するのも簡単ですね!


DSCFco161.jpg

我が家のキッチンのコーヒーコーナーです。
常に3種類以上はストックしているのでラベルをクリップで挟んで引っ掛けてあります。

あ~、コーヒー飲みたくなってきた・・・・。( ^^) _旦~~



過去にメインサイトで記事にしたものをブログ内に移転しました。(12/Nov/2006)


HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。